資格試験

2/2ページ
  • 2018.11.07

消防設備士試験の違い。甲種・乙種と類の違いを簡単に説明します。

消防設備士はホテルやショッピングモール、劇場などの施設に設置される消防設備の工事、整備、点検を担う資格です。 消防設備士の資格を持たない人が消防設備の工事、整備、点検をすることは認められていません。   消防設備士の資格を取得することで仕事の幅が広がり、就職にも有利になります。 しかし、消防設備士にはいくつか種類があるため、初学者には少々分かりにくい資格試験でもあります。 消防設備士試験 […]

  • 2018.11.03

消防設備士の難易度と合格率からみた取得の順番。効率よく合格する方法。

消防設備士試験は近年注目度が高まっている資格で、消火設備や警報設備、避難設備といった設備の工事・点検・整備を行うことが出来る国家資格です。 試験の問題では、建物の防火管理上重要な消防設備、つまりスプリンクラーや消火器、火災報知器、避難はしごといった設備に関する知識を問う問題が出題されます。   ほかの国家資格と比較すると「簡単」といえる難易度です。ただし、甲種消防設備士の試験では「製図」 […]

  • 2018.10.31

解答速報が無い?第二級陸上特殊無線技士試験の答え合わせの方法

第二級陸上特殊無線技士試験の解答速報ってどこもやっていないんですね。少なくとも私は見つけることが出来なかった。 結論を先に言うと「解答速報をネットで探すよりも自分で答え合わせした方が速い!」   もし、私と同じように第二級陸上特殊無線技士の「試験当日の夜」にネットで解答速報を探しているのならば自分で答え合わせした方が速いです。 なんせ、第二級陸上特殊無線技士試験はほとんどが過去問の焼き回 […]

  • 2018.10.26

合格への勉強は過去問が鍵。第二級陸上特殊無線技士試験を受験してみた。

私は甲種消防設備士の資格を受験するために、その受験要件の一つをクリアできる試験。 「第二級陸上特殊無線技士」の資格試験を受験してみました。 第二級陸上特殊無線技士試験の難易度は簡単です。ですが、文系の人間の私は無線工学が無縁だったため、ちょっと苦戦。 でも法規は満点だったんです!無線工学がギリギリだっただけで……。 というわけで、文系人間は勉強する際に「無線工学」に注意してください。   […]

  • 2018.07.15

土地家屋調査士を独学で合格するためのテキスト・過去問の選び方

土地家屋調査士を独学で合格しようと考えた場合、はじめに問題となるのは、テキストと過去問ではないでしょうか。   どんなテキスト・過去問で勉強すればいいのだろうかと悩んでいるのではないですか?   初学者の場合は、土地家屋調査士試験の難易度に関して、まだよくわからない部分が多いかと思います。   自分の力で合格できるのか、よくわからないのに、いきなり専門学校の通信講座を […]

  • 2018.07.15

設置が義務化された賃貸不動産経営管理士に独学で一発合格する勉強法

賃貸不動産経営管理士とは、2013年(平成25年)にできた新しい不動産関連資格で、将来的に国家資格になることを目指しているようです。 賃貸住宅管理業者登録制度によって登録した事業者は、事務所ごとに1名以上の賃貸不動産経営管理士を設置しなければなりません。   そのせいか、2017年あたりから受験者数が増加し、問題に関しても少しずつ難しくなっているもようです。 今後、国家資格化もありうると […]