ニートでも出来る簡単な自己分析の方法。就職活動が格段にやりやすくなる魔法

ニートでも出来る簡単な自己分析の方法。就職活動が格段にやりやすくなる魔法

ニートから脱出したいが、どうすればいいのかわからない。面接を受けなくちゃいけないのは分かるが、自分に自信が持てなくて面接が怖い。

社会復帰しようと考えてはいるが、具体的な一歩を踏み出せない、勇気が出ない、と悩んでいませんか?

 

その悩みは「自己分析」を行うことで解決することが出来ます。

 

自己分析って自分を見つめなおすってこと?何にもない、なんにもできない、自分のことなんて考えたくない!自分を知ることが怖い!知りたくない!

以前の私はそう考えて、自己分析をいっさいやっていませんでした。自己分析という言葉も大っ嫌いで見たくも聞きたくもない言葉でした。

 

ですが、引きこもりのニートが社会復帰するためには、自己分析はどうしても通らなければならない道です。

自己分析しなければ、カウンセリングは何の役にも立ちませんし、就職エージェントを使えばカモられるし、面接では上手い具合に自分を表現できません。

 

社会に出るためには、自分を「自分が一番よく理解」しなければならないのです。

 

社会復帰したい、普通の生活がしたい、そう思い悩んでいるニートは絶対に自己分析をやってほしい。

今回紹介する方法を使えば、簡単に自己分析をはじめることができます。

 

自己分析をきちんとすることで、自己PRや志望動機を説得力あるものに出来ますし、自分に合った仕事の目星をつけることも出来ます。

自分を知ることで、面接でも自信をもって受け答えが出来るようになるのです。ではやっていきましょう。

 

ニートがやるべき自己分析の始め方

自己分析の手始めに無料で出来る性格診断の「グッドポイント診断」を行ってみてください。

リクナビNEXT

リクナビネクストに登録することで無料で診断できます。

問題数がかなり多いので、やるときは十分に時間がある時に集中してやってみましょう。

 

自己分析をする上で助けになるサービスです。もちろん利用するのにお金はかかりません無料です。大手リクナビが提供しているサービスなので、しっかりした診断結果を出してくれます。

 

自己PRや志望動機にも利用できる文章を生成してくれます。ニートや上手く自分をアピールできないと悩んでいる人に使ってほしいサービスです。

自分を他人から見た分析結果で理解することが出来るので、新たな発見やアピールポイントの割り出しに使えます。

 

文章をそのままでは使いにくいのですが、自分では思いつかないような言い回しが多数あるので、うまく自己PRや志望動機に活用してください。

これから自己分析をやっていくうえでも役立つ文章なので、出来れば印刷していつでも読めるようにしておいてください。

 

グッドポイント診断をやるかどうかは自由です。しかし、無料で簡単に性格診断ができるサービスは他にはありませんし、大手のリクナビ提供のものよりも良いものが無料で利用できるかもわかりません。

無料で利用できるうちに使ってみてください。いつリクナビの気が変わってしまうかわかりませんからね。

 

質問数がかなり多い(100問くらい)ので時間はかかりますが、どの質問も簡単なものばかり。

一度、試しに利用してみてください。

リクナビNEXT

自己分析は自分の人生を振り返ること

自己分析の基本は自分の人生の振り返りです。

上記で行ったグッドポイント診断の結果を踏まえながら、自分の人生を小学生時代から振り返ってみてください。

 

ノートに1年ごとに思い出しながら書き出してください。つらいこと楽しかったことなんでもいいので思い出せるだけ書いていきましょう。

 

とは言え、正直いやですよね……。自分の今までの人生を振り返るなんて。

 

私も中学生時代や高校生時代の嫌な記憶をいまさら思い出したくはありません。嫌なことばかりでしたからなおさらです。

ですが、自分を知るためには、この苦行をやり遂げなばなりません。乗り越えることができれば、あとは自分をいかに良く見せるかだけです。

 

就職活動なんてものは、自分の見せたくない部分は隠し、良いと思えるところをよりよく見えるように誇張する作業です。

 

自分のダメな部分、良くない部分は、自分だけがきっちりと把握しておけばいいのです。他人にわざわざ教える必要ありません。

「自分を知る」ということをしなければ、良いところも悪いところも把握できません。面接でも根拠も説得力も無い、無味無臭な言葉を発することしかできないでしょう。

 

自己分析をすることで、エピソードを掘り起こし、自分の長所をよりよく見せる根拠にできるのです。話に説得力を持たせることが出来れば、面接官を納得させることができます。

自分の人生にうらうちされた言葉は堂々と話すことが出来るので、自信がある人間のように見せることも可能です。

 

グッドポイント診断の診断結果を活用しましょう。アピールポイントを補強することができるエピソード、根拠を掘り起こして、組み合わせられないか考えてみてください。

リクナビNEXT

もし、いいエピソードがないなら、人生の中の断片的な部分をつぎはぎして新エピソードを作ってしまってもかまいません。

 

ニートが社会復帰するには、どう面接官を納得させ仕事の役に立てそうなのかをアピールすればいいのです。

過去の出来事の真偽は重要ではありません。ですが、嘘をつくのがへたっぴなニートは、人生の中で使えそうなエピソードを使ったほうが説得力のある話が出来るはずです。

 

ゼロからエピソードを作っても、ニートが面接官を完全に納得させることは難しいでしょう。はっきり言って、そんなことできるならニートなんてしとらんわ、って感じでしょう。

自分の人生の中であった出来事を膨らませる方法なら、ニートでも相手を納得させる話を作ることが出来ます。

 

まっさらな自分を見せてもいいですが、それで拒絶されると非常に傷ついてしまします。

いかに自分の心が傷つかずに済むかを考えることもニートの就職活動には必要なことです。

 

自分の人生を振り返りノートに書き起こすこと。それが自己分析の基本になります。ニートにはつらい作業ですが、これを乗り越えれば就職活動はかなり楽になります。

やるかやらないかは自由です。社会復帰をしたいと願うなら試しにやってみるのも、今を打開する方法ではないでしょうか。



人生を振り返り、自己分析をすることで自分がどういう人間なのかを把握することが出来ます。

好きなこと・得意なこと、苦手なこと・嫌いなことを分析しましょう。

 

自分に合った仕事を探すには、自己分析をしてわかった「好きなこと・得意なこと」に近い仕事をさがしてください。

逆に、「苦手なこと・嫌いなこと」に近い仕事は避けた方がおすすめです。なぜなら、その仕事に就くと毎日が憂鬱になってしまうから。時間の無駄を感じたくないなら避ける方が得策です。

 

自己分析をすることで、なんとなく自分にとって向き不向きな仕事のめどが立つはずです。

出来そうな仕事を探すのではなく、この仕事ならやってもいいかもとポジティブな感想を少しでも持てる仕事に応募してください。

 

ニートが「自分でも出来そうな仕事」を探すと、全部無理そうな気がして気分が滅入ります。

なので、やってもいいかも、ちょっと面白そうかもという、ポジティブで前向きな感想を持てる仕事を重点的に探しましょう。

 

面接の突破には「笑顔+話し方」そして自己分析から導き出した「エピソード」これらがあれば、ニートでも社会復帰は出来ます。

ニートが面接を突破する秘訣は笑顔!今日からできる簡単な方法

 

後は場数をこなすこともお忘れなく。人生は場数による経験です。

 

ニートでも出来る簡単な自己分析の方法まとめ

まずは自分を知るために自己分析に力を入れましょう。

自分を知らずに面接を受けても、なっか、なか上手くいきません!

 

自分を知るための客観的指標としてグッドポイント診断をやってみてください。もちろん、無料で利用できます。

リクナビNEXT

これで得られた文章から、使えそうな言葉をいくつかピックアップして、自己PRや志望動機に使いましょう。

根拠となるエピソードを付け加えるためには、自分の人生を振り返ることが大事です。

 

自分の人生を小学生から1年ごとに振り返って、ノートに書きこんでいきましょう。楽しかったこと、つらかったこと、なんでも書き込んでください。

そうすれば、自分の事を誰よりもよく理解できます。

 

自分自身を知ること。ニートが社会復帰するにはなによりもまず、自分の事を理解することが大切なのです。

自分を知らない状態で、どうやって自分を売り込むというのでしょうか。

 

セールスマンが自分の売る商品を知らなければ、商品の良さをアピールできないのと同じです。

就職活動とは自分を高値で買わせること。自己分析は商品の強み、弱点を知ること。

 

ニートが社会復帰したいと願うならば、まずは「自己分析」を徹底的にやることです。

 

やるかやらないかは自由です。本当にニートから脱出したいならば、まずは無料で利用ができる「グッドポイント診断」から、はじめてみてはどうですか。

リクナビNEXT

質問数は多いですが、「なるほどなぁ、こんな言い回しがあるのか、思いつかなかった」という文章表現を生成してくれます。文章の全部は使えません、あくまで断片的に使える文章です。

私はその文章の一部を、自己PRや志望動機にも使いました。結果、やらなかった時より面接がうまくいくようになりました。自分を売り込む言葉が思いつかないなら、使ってみてはいかがでしょうか。



ひきこもりニートの社会復帰カテゴリの最新記事